借金する前に

お金は借りないですむなら、それにこした事はないのですが、そういかない事情もでてきてしまいます。
そうなった時に最初に考えるべき事は多重債務者にならないための方法です。
どのローン会社でも“ご利用は計画的に”とさかんにアピールしていますが、それだけ多くの人が意に反して多重債務者になってしまっているという事です。

総量規制は多重債務者を増やさないための対策のはずでしたが、抜け穴がいくつも存在します。
対象は消費者金融・クレジットカード・信販会社・個人向け貸し付けですが、カードローンは対象外ですし、銀行カードローン・個人事業者を含む事業者・おまとめローンは対象外です。
したがって個人では限度額いっぱいでも、これら対象外の金融機関の利用は可能という事になります。
ただし携帯電話およびNTT受信料の料金滞納を過去に起こしていた場合や、複数カードローンへの登録をしていた場合、過去にも返済を滞納もしくは返済を踏み倒していた場合などは、信用調査関連の官報など一覧に名前が掲載されてしまう可能性があります。

いわゆるブラックリストに掲載されていれば、ほぼすべての金融機関に情報がまわりますから、新たな新規借り入れが難しくなる事はあり得ます。
ブラックでも貸しますというキャッチコピーは、悪徳業者である可能性が高いですから、極力利用しない方が無難です。
税制改革は暴力的取り立てを激減させる効果はあったものの、逆に悪徳業者を見分けにくくさせている面もあります。
今回は借金を悪徳業者にしてしまった場合の対応についてお話します。



※管理人特選サイト
多重債務者の借金返済に関する悩みの相談を受けている法律事務所です ・・・ 借金 返済